VRS後処理キネマティック

ボーリング調査箇所の緯度・経度・高さ観測です。現場ではdocomoの携帯が2本立っていたので
もしや・・・VRSできるかも・・・

と、トライ!

初期化せず・・・駄目なものは駄目でした。

30分キネマティック観測です。

観測終了後、ネット環境が届くエリアまで移動。

ジェノバにアクセス。

仮想固定点の緯度・経度・楕円体高
観測日時・時間・観測間隔を入力

仮想点生成中・・・・

数分後、キネマ仮想点を生成してくれてダウンロード!

後は、topconのG-PROで解析。
FIX解、良好。

このサービス・・・
使える…し、かなり便利

固定点生成が早い!

あまり陽の目を見なかった手法ですが
アリだな・・・と痛感した一日でした。

Follow me!

    VRS後処理キネマティック” に対して2件のコメントがあります。

    1. 今川 より:

      なんですよね~。

      トライする価値ありですね。

      VRS出来ない現場って、結構ありますもんね。

    2. 加藤 より:

      >今川さん
      後処理と言うリスクはありますけど
      利用価値アリです。
      5衛星ギリギリで、減りもせず
      増えもせず、DOPは5あたりをウロウロ
      観測中は、ドキドキでした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。