『緯度・経度・標高観測』その1

ボーリング調査位置の観測です。調査箇所の緯度・経度・標高を取得する。それだけです。

が…条件は厳しいです。

・携帯電波は入りません。よってVRSは不可。
・近傍に基準点はありません。
・観測ポイントの上空情報は悪くありません。
・電子基準点によるスタティック法は観測時間が長い為
作業が止まってしまうのでNGです。
・RTK法は固定点設置観測や設置個所が難航しそうで
現実性がありません。
・固定点を作ったとしても山間に阻まれ無線がリンクしない可能性が大です。
・標高管理で掘りますので標高値は観測後、少しでも早く提供しなければいけません。

うむぅ…

これだけ条件が悪いと俄然なんとかしようと無い知恵絞りたくなります。

が、手法は決まりました。

実証中…

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。