UAVでオルソフォト

高度100m,連続撮影で約100枚で解析し

オルソフォトを作ってみました。

http://www.apeo.jp/sample/zyunkenbashi/sample001.html

TIFF画像だととてもアップできる容量ではないため

ビューワ用に変換しアップしました。

延長約300m。

約1億万画素、地上解像度は3Cm

もちろん世界測地系対応です。

1/500地形図もなんなくトレースできます。

トレースするのが早いか、現地で測量し図化するほうが早いか

使い慣れたCADなら背面にオルソを貼り付けて

スラスラとトレースできます。

写真に写っているものはすべて三次元化出来ます。

RGB点群出力

o0800042112905251160

TIN(鳥瞰図)

o0800040012905249173

 

テクスチャー貼り付け

o0800043012905249174

 

精度も申し分ありません。

現場作業は、現地測量作業に比べるとUAVは1/10いや1/20以上に短縮できると思います。

今回の場合、正味15分程度の飛行で完了です。

Follow me!

    UAVでオルソフォト” に対して1件のコメントがあります。

    1. 石山 より:

      凄い精度ですね。
      3D化も出来て後期も短縮。
      設備投資回収にどのくらい掛るのかが心配です

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。