デジタルカメラ写真測量

遺跡の発掘現場にてトレンチと呼ばれる(私はよくわかりません(>_<))時代の層の断面図を作成する作業があります。
現場担当者から写真で出来ないものだろうか??と相談。新しく取り入れたデジタル写真測量の解析ソフトとカメラでパチリ。カメラはNikon D90,レンズは単焦点レンズ28mmf/2.8D
と、カメラに関してはど素人…あまり良くわかりません…カタチはいっちょ前…
絞りだ、シャッター速度だ、被写体深度だの…カメラはカメラで奥が深そう(><;)とりあえず初心者レベルではありますが小規模な遺構を撮り、ステレオペアをつくり
モデルを作成してみました。o0800049111359985630

 

 

 

上場の両サイドの赤鋲を基準に層の断面を最終的にCADに貼り付けて
上からトレースをすることが狙い。

2点の基準点を基準としてオルソ画像を作成します。

o0800049311359995992

 

オルソ画像をJPEGで出力し、CADに貼り付け上からトレース。

o0800049311360006487

 

精度も良好、なかなか使えそう
隣工区からはこの手法で行こうかと…思っております。

Follow me!

    デジタルカメラ写真測量” に対して2件のコメントがあります。

    1. 福士孫十郎 より:

      私もこれから写真測量をしようと思っていますが、今回の測量はラジコンは使いましたか?標定など設置しましたか?

    2. 加藤 より:

      >福士孫十郎さん
      このモデルは撮影距離2mくらいですよ
      繋ぎ撮影でも無いため、特に標定は
      してません、サンプリングみたい
      感じですかね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。